ケイセイ医科工業株式会社 会社概要 会社沿革

会社情報

トップページ > ご挨拶 > 会社沿革

会社沿革

昭和39年 ケイセイ医科工業株式会社設立。
医療機器の販売事業を開始する。
昭和48年 製造部門として、新潟県西蒲原郡吉田町に工場を建設。医療用器具器械の製造と同時に、アルミニウム合金を主材とする「マルチパネルシステム」の開発・無菌化装置の開発等に着手し、製造販売を行なう。
昭和51年 東京都文京区本郷に本社総合社屋を建設・完成。
昭和55年 新潟工場敷地内に無菌工場を建設し、滅菌済医療用縫合糸、針付縫合糸などの医療用縫合材料の製造を開始する。
昭和56年 将来に於ける病院医療設備の運営・計画・建設等の研究・開発の場として、新潟県西蒲原郡吉田町に我国初の病院設備技術センターを開設。
九州サービスセンターを開設。
昭和60年 新潟工場に於いて替刃メスの製造工場を完成し、滅菌済替刃メス・スカルペルの製造を開始する。
昭和61年 FDA登録工場としてのライセンスを取得。
昭和62年 新型熱傷治療用ベッドの開発に着手する一方、在宅医療事業にも参画。
昭和63年 ロボット開発事業に着手。
札幌オフィスを開設。
平成5年 新潟サービスセンターを開設。
平成6年 新潟工場にチタン合金・工場完成。
平成8年 新潟工場に於いて米国ジェンザイム社との技術提携による合成吸収性縫合材料生産用・無菌工場完成。
平成9年 新潟工場に於いてMICRO用縫合材料工場完成。
平成12年 IISO9001取得(新潟工場)
平成13年 EN46001(CEマーキング)取得
平成13年 ISO9001認証範囲拡大(全国サービスセンター)
平成14年 東九州オフィスを開設。
北関東サービスセンター開設。(さいたま市)
平成15年 ISO13485取得
平成17年 ケイセイ技術開発研究所を設立。
ケイセイエンジニアリング株式会社併設。
平成18年 仙台サービスセンターを開設。
お問合せ個人情報の取り扱いについて透明性に関するガイドラインリクルート
Copyright © KEISEI MEDICAL INDUSTRIAL CO., LTD.